はじめにアカウントとは

サーバーの利用者(ユーザー)の名前(アカウント)を意味します。
この「アカウント」の事を、「ユーザー名」あるいは「ログイン名」あるいは「id」と呼んだりします。

電子メール(e-mail、Eメール)について

電子メールの決まり事

例えば、ti-taro@po.twin.ne.jp という電子メールアドレスは、下記のように分けられます。
ti-taro: アカウント
@: アットマークと呼びます
po: サブドメイン(使用しないプロバイダもあります)
twin.ne.jp: ドメイン

電子メールのしくみ

電子メールの送受信の解説図
1. ti-taro@po.twin.ne.jp 宛てにメールを送信します。
2. twin.ne.jp が管理しているメールサーバー(mail.twin.ne.jp)の、ユーザー ti-taro のメールボックスにメールが届きます。
(上図の@からAまで)
3. ユーザー ti-taro は、メールサーバーに接続して ti-taro のメールボックスに届けられているメールを受信します。
(上図のAからBまで)

メールを受信する際、ti-taro は、本人である証明としてサーバーからパスワードの入力を求められます。

メールを受信する時は、受信メール(POP3)サーバーとして、mail.twin.ne.jp を指定します。
メールを送信する時は、送信メール(SMTP)サーバーとして、mail.twin.ne.jp を指定します。

電子メールの@より後のドメイン名に誤りがある場合

差出人に Mail Delivery Subsystem(メールサーバー)よりメールが届けられなかったという英文メールが返ってきます。
(Host Unknownエラー)

電子メールの@より前のユーザー名に誤りがある場合

差出人に Mail Delivery Subsystem(メールサーバー)よりメールが届けられなかったという英文メールが返ってきます。
(User Unknownエラー)

ホームページについて

WWWサーバーの名前が「www.twin.ne.jp」で、アカウントが「ti-taro」であれば、ホームページアドレス(URL)は「http://www.twin.ne.jp/~ti-taro/」となります。
(ツインインターネット会員様のホームページの場合)

URLの最後にページ名を指定しない場合

自動的に index.html あるいは index.htm のページをブラウザに表示するよう決められています。
どちらのページも無い場合はエラーとなり、決められた警告のページが表示されます。

PCで作成したページ(index.html など)をサーバー上に置く方法

FFFTPなどのFTP(ファイル転送)ソフトにより、サーバーの決められたフォルダにページを送ります。
詳しい方法は、サポート情報のFTPの設定をご覧ください。

サーバーで使用できるフォルダ(ディレクトリ)について

/html/ というフォルダが使用出来ます。
/html/ フォルダの位置が、ホームページアドレスでは http://www.twin.ne.jp/~ti-taro/ と一致するようサーバー側で決められています。
※ti-taro の箇所は、ご自分のユーザー名に変えてください。
(ツインインターネット会員様のホームページの場合)
「/」この記号は「スラッシュ」と呼び、フォルダとフォルダの区切りの記号として使用します。Windowsの「\」にあたります。
(この html フォルダ名は、一般的なサーバーでは public_html という名前に相当します。)
ページトップへ戻る